36歳で独身の女は終わってる?やばいのは自然な出会いだけを求める人…。

・36歳で独身女の自分は終わってるわ….もう一生独身確定。
・36歳独身の女性が、今から結婚なんてできるわけがないよね。

30代中盤にもなると、「もう結婚は無理なんじゃないか…」と諦めかける女性も多いです。

しかし、36歳からでも結婚する人は多いですし、そもそも結婚することが自体が全員の正解ではありません。

結婚したいのであれば自分で行動を起こす必要があり、結婚しないのであれば「独身なりの人生」を送ればいいのです。

本記事では、「36歳で独身の女性(自分)は終わってる」と考える人向けに、以下の内容を解説していきます。

本記事の内容まとめ
  • 「36歳で独身の女性は終わってる」ということはまずない
  • 36歳の独身女性=終わってると言われてしまう理由
  • 36歳で独身の女性が本当に「やばい状況」になるのは4年後
  • 36歳の独身女性が婚活するなら結婚相談所1択
  • 36歳にこそオススメの結婚相談所3選

本題に入る前に1つだけ…

「なるべく早く結婚したいけど、何からするべきか分からない…」

本記事を読んでいる人の中には、上記のように思っている人もいるのではないでしょうか?

結論から言うと、30代から本気で婚活するのであれば『結婚相談所』の利用が最も現実的です。

しかし、結婚相談所は日本国内に4,000近くあると言われています….

  • 「婚活を本気でしたいけど、結婚相談所は慎重に選びたい」
  • 「結婚相談所はお金もある程度かかるし、しっかり比較した上で決めたい」
  • 「結婚相談所はどれも同じに見えるし、正直よくわからない」

このように思っている30代の方には、結婚情報比較ネットでの資料請求がおすすめです。

公式サイト:https://kekkon.kuraveil.jp/

中堅〜大手の結婚相談所21社を厳選し、徹底的に違いを比較した資料が0円で届きます。

年齢層・男女比率・料金のような、ネットで比較するのが面倒なことを資料1冊で確認が可能です。(※請求後のウザい勧誘などは一切ありません。)

結婚相談所の比較資料を0円でもらう ≫≫

公式サイトはこちら⬇︎
https://kekkon.kuraveil.jp/

「36歳で独身の女性は終わってる」ということはまずない

結論、「36歳で独身の女性が終わってる」ということはあり得ません。

そもそも結婚することが人生の正解ではないですし、36歳からでも結婚することは可能だからです。

確かに、出産できる確率に関してはネガティブな事実がありますが、それ以外にマイナスな要素はほとんどありません。

しかし、世の中には、「36歳で独身の女性はやばいね。ありえない」のような意見を持つ人が存在するのも事実。

では、なぜ36歳で独身の女性は「終わってる」と言われるのか?について次の章で解説していきます。

36歳の独身女性=終わってると言われてしまう理由

「36歳の独身女性=終わってる」と言う人は、基本的に以下のような考えを持ちます。

36歳の独身女性 = 終わってると言われる理由
  1. 高齢出産になってしまう
  2. 恋愛対象外と捉える男性が増える
  3. 受け身の姿勢を変えない女性が多い

確かに、どれも事実ではありますが、すぐに悲観的になる必要はありません。

「高齢出産」に関してはどうすることもできませんが、それ以外は「方法と意識の問題」になります。

高齢出産になってしまう

「36歳の独身女性=終わってる」と言われる1つ目の理由として、妊娠できる確率が20代ほど高くないことがあります。

35歳以上で初めて出産することを「高齢出産」といい、以下のデメリットがあります。

高齢出産のデメリット
  • 無事に子供を出産できる確率が減る(流産する確率が上がる)
  • 産んだ赤ちゃんの発育に影響をもたらす確率が上がる
  • 難産になる確率(帝王切開をする可能性)が上がる

このようなデメリットがあるに加え、男性も出産を気にして、若い女性を選ぶ人が少なくありません。

ちなみに、当サイト管理人の母親はちょうど36歳で僕を産みました。ですので、「もう36歳だし、妊娠も無理だよね」と悲観的になる必要は全くありません。

ただ、結婚して子供が欲しい女性の方は、年齢が増すほど出産がだんだん難しくなる事実は知っておきましょう。

男性から恋愛対象として見られない

36歳にもなると、男性から「恋愛対象外」とされてしまうケースも増えてきます。

  • 36歳以上は年齢的にきつい
  • 36歳だと妊娠の問題もあるしきついかな….

理由は人それぞれですが、同世代の未婚男性は「なるべく自分より若い女性」を選ぶ傾向が多いです。

少なくとも、36歳である自分(女性)を恋愛対象として見てくれる男性と、自然に出会える確率は低いでしょう。

「同世代の男性は大半が既婚。同世代の未婚者は若い女性を求める。」

ということは、36歳の独身女性こそ理解しておく必要があります。

※30代後半・男性の未婚率は38.5%となっており、3人に1人が結婚していません。

受け身の姿勢を変えない人が多い

「自然な出会いでタイプの男性と出会いたい」「かっこいい男性からナンパでもされないかな」

このように、いつまでも受け身の姿勢でいる36歳の女性は、結婚もかなり絶望的と言えます。

「自然に出会えたらラッキー」くらいの考えであれば問題ないですが、「自然な出会い以外は絶対にあり得ない!」と思いが強すぎると、誰にも出会わずに40代へ突入….となる可能性が高いです。

36歳独身女性が結婚を望むのであれば、「自然な出会い」よりも「結婚相談所を利用する」などの効率的で確実性が高い方法を選ぶことをオススメします。

36歳で独身の女性が「やばい状況」になるのは4年後

「36歳で独身の女は終わってる」「36歳で独身はさすがにやばい」

このように言えてるうちは、まだマシです。本当にやばいのは4年後の40歳になった時でしょう…。

36歳独身の女性が「やばい状況」になるのは4年後
  • 妊娠できる確率が格段に下がる
  • 恋愛対象として見てくれる男性がさらに減る
  • 結婚相談所やマッチングアプリで不利になる

正直、「36歳」と「40歳」の差はかなり大きいです。「23歳」と「27歳」の4歳差とはワケが違ってきます。

妊娠できる確率が格段に下がる

以下は日本産科婦人科学会が調査した、26歳〜48歳までの妊娠率のデータ(青線)です。

見ての通り、30歳→35歳の妊娠率は下がり具合が緩やかですが、35歳からは急激に下がっているのがわかります。


引用:日本産科婦人科学会 ARTデータブック2018より

36歳では40%近い妊娠率ですが、40歳になると25%近くになってしまいます。

この事実からも、36歳独身女性が「本当にやばい状況」になるのは4年後だと言えるでしょう。

恋愛対象として見てくれる男性がさらに減る

40歳になると、恋愛対象として自分を見てくれる男性もさらに減ってしまいます。

例えば、30代男性の結婚相手の条件が「年齢は30代以下」だとすると、40歳の女性は対象外になります。

要は、30代の男性から選び抜かれる確率も減ってしまうのです。

とは言え、40歳まではあと4年もあるため、今の時点で悲観的になる必要はありません。

本気で結婚をしたいのであれば、「40歳になる前までには結婚」のようにゴールを設定するとよいでしょう。

結婚相談所やマッチングアプリで不利になる

40歳を超えると、結婚相談所やマッチングアプリなど、婚活サービスを利用するうえでも不利になります。

なぜなら、それらのサービスでは、男性側が「年齢」で条件を設定することが多いからです。

もしあなたのタイプである男性が「年齢は39歳以下」で条件を設定した場合、その時点でプロフィールすら表示されなくなります。

結婚相談所、マッチングアプリどちらでも、年齢の条件は必ず設定することになります。

だからこそ、36歳独身で「結婚をしたい」と思うのであれば、とにかく早めの行動がオススメです。

36歳の独身女性が婚活するなら結婚相談所1択

「36歳だけど、正直結婚はしたいし、一生独身は嫌だ」「36歳だけど、ちゃんと結婚に向き合いたい」

この記事をここまで読んでいる人は、少なからず上記のように思っているのではないでしょうか?

結論として、36歳の独身女性が婚活するなら結婚相談所1択になります。

他にも、「居酒屋・バーなどで自然に出会う」「趣味を初めて新しい出会いを探す」など方法はありますが、まったく非現実的です。

時間がかかるにうえ、良い男性と出会える確率も高いとは言えません。

結婚相談所は料金も月額1万円以下で金銭的なリスクもなく、1ヶ月以内に成婚まで進むパターンも珍しくないです。

※結婚相談所のスマリッジムスベルの公式サイトでは、1ヶ月〜2ヶ月以内での成婚体験談も載っているため、1度のぞいてみることをオススメします。

36歳にこそオススメの結婚相談所3選

30代〜40代の利用者が多い結婚相談所は、実際にいくつか存在します。

3つとも利用者の年齢層が30代〜40代メインとなるため、36歳独身女性には最適の結婚相談所と言えます。

このような結婚相談所を知るだけでも、「36歳で独身の自分(女性)は終わってる…結婚なんて無理。」など、悲観的に考える必要がないことが分かるはずです。

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

スマリッジ

スマリッジは、他社と比べて圧倒的に安価。そして、オンラインのみで完結する結婚相談所です。

運営会社SEモバイル・アンド・オンライン株式会社
ユーザー数55,000人
男女比率55:45
年齢層30代〜40代
料金登録料:6,600円
月額料金:9,900円
公式サイトs-marriage.jp
スマリッジの概要

プロフィールの入力が少し面倒だったり、対面でのサポートが全くない等のデメリットはありますが、真面目に婚活をしたい30代〜40代が多いです。

また、オンラインのみで全て婚活が完結できる点も、スマリッジの大きな特徴。

スマリッジの特徴

  1. 6ヶ月以内に成婚まで進める可能性が高い
  2. 家から1歩も出ずに「真剣に婚活」ができる
  3. 自分に必要なオプションを追加してオーダーメイドの婚活ができる
  4. 他社の結婚相談所会員の男性ともお見合い可能(コネクトシップに加盟しているため)

スマリッジの良い口コミ

料金が安いことに惹かれて入会しました。安かろう悪かろうだったらどうしようという気持ちもありましたが、ゆっても9000円なので最悪失敗しても諦めがつくかなと思いました。

実際に活動を始めてみましたが、結婚相談所の連盟の会員から選ぶことができるので、かなり質は高いという印象です。マッチングアプリとかだと既婚者も混ざってますが、結婚相談所の連盟なら独身証明書が出されているのでその心配をしなくても良いのいいです。

3ヶ月で7人の男性と会いましたが、全員真面目に結婚を考えている方ばかりで印象は良かったです。中には全然話が合わない人や年齢が違いすぎて恋愛を意識できなかった方はいますが、それはどこで婚活しても同じことではあるので、気になることはないです。

引用:婚活ナビ

婚活なんてとちょっと尻込みしてしまう人にも、どうしたら良いかわからないけど、まず一歩を踏み出したい人にも、スマリッジはとても良いと思います。入会した当時は、プロフィールや掲載する自分の写真について本当にどうしたらよいかわかりませんでしたがステップバイステップで次の段階へとさりげなくサポートしていってくれる印象です。

一番良かったこととしては、婚活は想像より結構面倒な時があるのですが、ちょっと困ったことがあった時や迷った時に、真摯に的確なアドバイスをしてもらえたことです。これはちょっと意外でした(笑)

普段のサポートはあっさりめですが、いざという時のサポートはとても頼りになるというメリハリのある相談所だと思います。

引用:婚活ナビ

スマリッジの悪い口コミ

他に比べて安い気がしたので申し込んだのですが、良い人もいなくて退会しました。担当のアドバイザーさんは一応ついてますが、こちらから何も言わなければ特にアドバイスもなく、紹介してくれる人も適当に選んだような人ばかりです。

3ヶ月何もなければ全額返金制度がありますが、色々基準が厳しくて適応されなかったりします。
あと、今月いっぱいで辞めたいと思い月初めに伝えても、何故か次の月の月末まで辞めれず次の月の分まで月額を払わされるので、その点は良心的ではないなと思いました。

引用:婚活ナビ


スマリッジでは、3ヶ月の間で1度もお見合いが成立しなかった場合、全額返金保証があるのも安心できる点です。

なんと言っても、他の大手結婚相談所と比較して費用がリーズナブルすぎるため、「まずは試しに結婚相談所を使ってみたい」という、36歳独身の女性には最適と言えます。

月額たったの9,900円(=1日330円)なので、最悪スマリッジで上手くいかなくても、他社に乗り換えれば問題ありません。

試しにスマリッジへ登録してみる ≫≫

公式サイトはこちら⬇︎
https://s-marriage.jp/

パートナーエージェント

パートナーエージェントは、3年連続で成婚率No.1の実績がある結婚相談所です。

運営会社タメニー株式会社
ユーザー数73,000人
男女比率45:55
年齢層20代後半〜40代
料金登録料:33,000円
成婚料:55,000円
初期活動費用:
①33,000円(コンシェルジュライトコース)
②104,500円(コンシェルジュコース)
月額費用:
①14,300円(コンシェルジュライトコース)
②18,700円(コンシェルジュコース)
※1人1人に合わせた「カスタムコース」もあります。
公式サイトp-a.jp
スマリッジの概要

1つ前に紹介したスマリッジと比較すると、圧倒的に料金は高いのはデメリットですが、1人ひとりに合わせたサポートが非常に充実しているのが強みです。

また、なんといっても、結婚相談所業界の中で、ダントツの成婚率27%という実績もあります。

パートナーエージェントの特徴

  1. 会員の成婚率が他社と比べて圧倒的に高い(業界No.1)
  2. 費用が若干高いぶん、1人ひとりへのサポートが徹底されている
  3. 入会後1年以内の交際率が93.1%。
  4. 独自に開発した婚活ノウハウの制度が非常に高い(他社にはない)

スマリッジと同様にパートナーエージェントでは、3ヶ月の間で1度もお見合いが成立しなかった場合、登録料全額返金保証の制度があります。

また、口コミにもあるように、パートナーエージェントの無料カウンセリングは、「これが0円でいいの?」と言えるほど質が高いです。

他社との違いも丁寧に説明してくれるため、「他の結婚相談所もじっくりと比較したい」という人は試しに話を聞いてみるといいでしょう。

試しにPAの無料相談をする ≫≫

公式サイトはこちら⬇︎
https://www.p-a.jp/

ムスベル

ムスベルは、成婚者の70%が5ヶ月以内に成婚、会員数も業界最大数で歴史のある結婚相談所です。

また、会員の88%が30代〜50代なので、業界では目指すらしく年齢層が高いのも特徴。

運営会社ムスベル株式会社
ユーザー数98,000人
男女比率60:40
年齢層30代〜50代
料金初期活動費用:
①30,000円(カジュアルコース)
②30,000円(レギュラーコース)
入会金
①120,000円(カジュアルコース)
②270,000円(レギュラーコース)
月額費用:
①14,000円(カジュアルコース)
②14,000円(レギュラーコース)
公式サイトmusbell.co.jp
ムスベルの概要

後ほど紹介するスマリッジと比べると料金は高いですが、サポートの質は間違いなく高いと言えます。

専任の担当者(仲介人)の平均会員担当数は55人となっているため、経験豊富なサポート担当が付くのも強みです。(※結婚相談所は担当者によって、サポートの質に天と地の差があります)

ムスベルの特徴をまとめると、以下のようになります。

ムスベルの特徴

  1. 会員数が業界最大数の98,000人
  2. 申し込み人数に制限がない(他の結婚相談所は制限あり)
  3. 会員の88%が30代〜50代

ムスベルでは、途中で解約する場合、活動日数に応じて返金保証もあります。また、契約してから14日以内の解約であれば支払ったすべての金額が返金されるため安心ですね。

結婚相談所は他にも多くありますが、ムスベルは30代〜50代の割合が多く、年齢層がかなり高めです。

  • どうせお金を払うなら、36歳の自分に合った手厚いサポートを受けたい
  • なるべく自分の歳と離れた人は来ないでほしい

このように思っている36歳の女性には、最もおすすめできる結婚相談所になります。

試しにムスベルへ無料相談する ≫≫

公式サイトはこちら⬇︎
https://www.musbell.co.jp/

「もっと他の結婚相談所も見てみたい人」は一括資料請求がオススメ【完全無料】

実際に、結婚相談所は日本国内に4,000近くあると言われています….

  • 「婚活を本気でしたいけど、結婚相談所は慎重に選びたい」
  • 「結婚相談所はお金もある程度かかるし、しっかり比較した上で決めたい」
  • 「結婚相談所はどれも同じに見えるし、正直よくわからない」

結論、このように思っている30代の方には、結婚情報比較ネットでの資料請求がおすすめです。

公式サイト:https://kekkon.kuraveil.jp/

中堅〜大手の結婚相談所21社を厳選し、徹底的に違いを比較した資料が無料で届きます。

年齢層・男女比率・料金のような、ネットで比較するのが面倒なことを資料1冊で確認が可能です。(※請求後のウザい勧誘などは一切ありません。)

結婚相談所の比較資料を0円でもらう ≫≫

公式サイトはこちら⬇︎
https://kekkon.kuraveil.jp/

36歳の独身女性=終わってることはまずない。方法を間違えなければ結婚も可能。

結論、36歳の独身女性が終わってるということはありません。

さすがに50歳となると結婚できる可能性はかなり下がりますが、36歳であれば、まだまだ結婚できるチャンスは高いです。

実際に『ムスベル』の公式サイトを見るとわかりますが、30代後半〜40代で結婚している人は大勢います。

公式サイトはこちら⬇︎
https://www.musbell.co.jp/

  • 「自分はもう36歳だし、結婚は無理かな…」
  • 「このまま私は1人ぼっちで老後を迎えるのかな…」

このように悲観的に考えるのではなく、36歳からでも現実的な婚活方法を実行すればいいでしょう。

ただし、マッチングアプリや婚活パーティーなど、36歳にとっては非現実的な方法をとるのはNG。

結婚を本気でしたいのであれば、正しい方法・場所で婚活をすることがまず大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です